ホーム 学校紹介 活動報告 スケジュール

経営の基本目標

憲法、教育基本法、学校教育法、学習指導要領などの諸法令等の示すところに従い、県や市の教育施策を基盤とし、本校区の児童や地域の実態に即し、一人ひとりの児童に豊かな人間性と実践力を養い、可能性を掘り起こして学力を高め、体を鍛え主体的に時代の進展に対応できる児童を育成する。

本校の教育目標
┌─────────────────────────────┐
 豊かな心を持ち、主体的にたくましく生きる子どもの育成
└─────────────────────────────┘

 1 めざす児童像

  • ・かんがえを持って、豊かに表現する子ども
  • ・仲間と支え合う子ども
  • ・学び合う毎日を、生き生きと過ごす子ども
  • ・ルールを守り、自分と共に他の人を大切にする子ども


本年度の具体的重点目標

┌─────────────────────────────┐
 令和元年度の重点 「優しい言葉・正しい言葉・力あふれる言葉を大切にする子どもの育成」
└─────────────────────────────┘

令和元年度の努力点
学力・表現力アップ 人間関係力アップ 気力・体力アップ

学校づくりの推進

(1) 子どもの学力や生活状況を把握し、学ぶ意欲、基礎・基本の習得
   と活用を図る教育活動の実施する。
   @ 「学力向上プラン」に基づく基礎・基本の充実
   A 自ら学ぶ意欲を高め、思考力・判断力・表現力を育てる教育
      の推進
   B 確かな人権認識と豊かな感性を育てる人権・同和教育の推進
   C 生命や体を守る健康教育の推進・充実
   D 金丸小集団の一員としての自覚や所属感を味わわせる特別
      活動の推進
(2) 個が生きる生徒指導の推進
   @ 積極的生徒指導の推進
   A 気になる子の情報交換と組織的な対応
     (各種委員会などによる組織的対応)
   B 生徒指導サポーター、保護者、地域、スクールカウンセラー、
     諸機関・団体との連携

学年・学級経営の充実

(1) 学年、学級経営案をもとに、PDCAのある実践
   (指導内容の充実と標準時数の達成)
   @ 学年パワーアッププランによる学校、学年、学級の目標の
    共通理解
   A 目標と課題に向かう、教師チームによる学級・学年経営の充実
   B 学年・学級経営が円滑にいくための支援体制の充実
(2) 新教育課程の編成・実施・評価・精選を充実させながら、
   情報公開や説明責任ができる基盤の整備とその推進
   @ 「金丸小学校プラン」を提示し、保護者・地域と連携しながら
    実現を図る。
   A 地域学校協議会等の活用による教育活動の充実
   B 日常的な保護者との連携
   C 小・中・幼保との連携の充実
   D 地域の諸団体(少年育成センター、青少協、児童相談所、
    コミュニティーセンターなど)との連携強化
   E 学校保健委員会の実施による健康・安全に関する職員の
    健康管理と保護者の啓発

研修の充実

(1) 「違いを乗り越え、つながり合う子どもを育てる教育活動の創造」
       〜子どもの実態から始める授業づくり〜
    @ 校内研修の計画的推進と実践(学校を開く)
    A 授業を通した校内研修の充実(教室を開く)
    B 学年研修の充実(授業を開く)
(2) 多様な研修の場と内容の充実
    @ 子どもの実態をつかむための各種研修の充実
    A 教師自身の研鑽を高めるための研修の充実

環境づくりの推進

(1) 清掃活動の徹底と校内外の美化
(2) 応答的環境、変化と新鮮さのある環境づくり(あいさつ、名札)
(3) 「校内安全の日」などにおける安全点検の実施
(4) ゴミの分別収集と学校版ISOの実践
(5) 安全な教育環境の整備・充実
   @ 子どもが落ち着いて生活できる場の確保
     ア 校内の安全確保、不審者の早期発見
       (全員の意識の高揚、声かけ、名札等の活用)
     イ 登下校路の安全確保
   A 地域、保護者との連携による安全な校区づくり
     ア 校区パトロールの実施(校区巡視、メール等情報伝達
       体制の活用)
   B 情報の共有化の強化
     ア  PTA(見守り隊)や地域、校区安全見守りプロジェクト等
       関係機関との連携

 

    Copyright (C) 2010 金丸小学校 All Right Reserved